Jazz Pianist T.Toyoda Official Web Site

| Schedule | | Profile | | Discography | | Link | >> Home

[Discography]

Takahiro Toyoda Piano
Neil Swainson Bass
May 24 2017
:BAL 001
2500円(税別)
2017年9月7日
  • You must believe in spring
  • The windmills of your mind
  • What are you doing the rest of your life
  • Watch what happens
  • Once upon a summertime
  • I will wait for you
  • The summer knows
  • Farewell
  • B minor tune

CDに寄せて

 私の初めてのリーダーアルバムです。

 今から5年ほど前、カナダ在住の画家でジャズバイオリニストのサン村田さんと知り合い、来日される度に共演しています。

 今年の1月来日されたとき、世界的なベーシスト「ニール」と一緒にCDを作らないかと誘われました。ニールさんとサン村田さんとはお友達で、一緒にCDも作られています。

 ニール・スウェインソンさんは、ジョージ・シアリング、ダイアナ・クラール、ジョー・ヘンダーソンなど、私たちが聴き知っているミュージシャンと共演されている有名なベーシストです。

 ニールさんとは今回初めて会いましたが、レコーディングの前日の夜、バイーアで一緒にライブをして、そのときレコーディング曲の細かな打ち合わせもしっかりできたので、収録は和やかな雰囲気で進み、演奏にも気持ちを込めることができました。

 また、以前ギタリストの高嶋宏さんのCDに参加した2度の経験が、今回のレコーディングに大変役に立ちました。

 取り上げている曲は、フランスの音楽家ミシェル・ルグランのナンバーと、最後の2曲は私のオリジナルで、普段からライブでも時折演奏しています。

 アルバムのタイトル曲は、テーマの一部をニールさんにも弾いてもらい、アドリブ部分は原曲の4拍子を8分の6拍子のワルツにしました。

 アルバムを通して楽しんでいただけるように、曲の配列を工夫しました。

 CDを聴いてくださる皆様、素晴らしい演奏をしてくれたニール・スウェインソンさん、このCD制作に関わっていただいた全ての皆さんに感謝いたします。

 落ちついた雰囲気の中で、この私たちの音楽に耳を傾けていただければ幸いです。

豊田 隆博

[Discography]

Hiroshi Takashima Guiter
Takahiro Toyoda Piano
June 11 & 12 2002
:WNCJ-2116
2800円(税込み)
2002年10月23日
  • I Hear a Rhapsody
  • Bluesette
  • Nobody Knows You When You're Down And Out
  • A Night In Tunisia
  • Straight No Chaser
  • There Is No Greater Love
  • Lush Life Little Girl Blue

CDに寄せて

 私が初めてギタリストの高嶋宏さんと会ったのは1990年の秋、酒井潮トリオの一員として来熊の時である。オルガンの酒井潮さんやドラムの渡辺文夫さんとは、以前東京時代に交流があり久しぶりの再会であったが、高嶋さんとはこの時が初対面で、寡黙な人という印象であった。

 その頃、熊本には『こくてーる』という毎晩ホットなライブをやっているライブハウスがあって、私はそこのハウスピアニストを勤めていた。その店に高嶋さんのグループ『ソール・ミーティング』も出演し、そんなある時のアフターアワーセッションで、初めて二人だけで演奏した。私はこの時演奏していてたいへん音楽に集中できて、印象に残るセッションとなった。その場に居合わせて演奏を聴いていた人たちにも大いに受けた。このセッション以来、高嶋さんとデュオで演奏するのが私の密かな楽しみとなった。1994年の3月には、当時私がパーソナリティーを勤めていたNHK熊本、『FM・夕べのひととき』にも出てもらい、二人の演奏を放送した。1996年には前述の『こくてーる』の他、福岡や唐津でも二人でライブを行い、このように、高嶋さんが仕事で熊本に来るたびにデュオのセッションを重ねていた。

 一方高嶋さんの方も東京で、私のことをレコード会社などに紹介してくれていて、それを覚えていたレコード
会社の人から、高嶋さんの4枚目になる次のCDは、私とデュオで作ったらという話が出て、このレコーディングが実現した。2002年6月、レコーディングのため18年ぶりで上京し、高嶋さんと一緒に新宿の『ピット イン』を始め、東京近郊のいくつかのライブハウスでライブを行い、レコーディングに臨んだ。レコーディングは水戸市にある『自由ケ丘スタジオ』で行われた。ここはライブもレコーディングもできるスタジオで、すばらしいスタンウェイのグランドピアノがあり、スタジオの一角にはサービスカウンターもあって、たいへんアットホームな雰囲気のスタジオである。

 私にとっては、初めてのCDのためのレコーディングで一抹の不安もあったが、、ジャズを愛するスタッフの
心遣いもあり、思いの外リラックスした気分でレコーディングすることができた。この時の上京で、以前住んでいた場所を訪れ、また、久しぶりに友人や知人と再会することができ、演奏も聴いてもらって、20数年前の東京での生活を思い出して懐かしく思った。

 CDリリース後の2002年12月に再び上京し、「Body&Soul」を始め、都内・横浜・沼津・水戸など数カ所で発売記念ライブを行い、みなさんに暖かく迎えていただいた。また、高嶋さんのグループとともにNHKFM『セッション505』にも出演できて、忘れられない経験となった。

 2003年2月に高嶋さんを招き、地元の熊本と大分でライブをすることができて、私の身近なみなさんに
聴いていただけたことは、大きな喜びであった。今後も高嶋さんとのライブが各地で実現できることを願っている。これからも高嶋さんと音楽の交流ができることを望むとともに、二人の交流の記録であるこのCDを、みなさんにぜひ聴いていただきたい。

豊田 隆博

[Discography]

Hiroshi Takashima Guiter
Takahiro Toyoda Piano
June 22 2012
:WNCJ-2246
2800円(税込み)
2013年4月24日
  • Autumn Leaves
  • Bluese For Kids
  • Beautiful Love
  • Bud Powell
  • Y.N.M
  • I Remember You
  • That's All
  • A Beautiful Friendship

CDに寄せて

 その後も高嶋さんとは2006年・2007年・2008年と上京して共演を重ねた。 中でも2007年には「横濱ジャズプロムナード」に出演でき、よい思い出となった。

 そして、昨年2012年再び久しぶりに高嶋さんとツアーを行った。ツアー初日は高嶋さんの故郷山形市内の「Noisy Duck」というお店で、私にとっては初めての東北での演奏であった。演奏終了後何人もの皆さんに暖かい声をかけていただき、大変嬉しく思った。

 ツアーの最終日にこのCDのためのレコーディングを行った。私にとっては初めてのスタジオであったが、大変いい雰囲気でピアノの状態もよく、2度目の(レコーディング)経験ということで、スタジオの空間の響きやピアノにもすぐに慣れ、音楽に集中することができた。このCDにはそのような様子が鮮やかに記録されている。多くの皆様に聴いていただけると幸いである。

豊田 隆博


Copyright(C) 2003 all rights reserved. TAKAHIRO TOYODA | Mail |